転職先の探し方

職歴の把握

転職の探し方には、正解というものがなく、実際のところどうやって探せばいいのかわからないという方も多いことでしょう。

しかし、転職したいと思ったからといって、やみくもな方法ではその結果はついてきません。

求人を探す前に経験やスキル、自分の職歴などをしっかり把握することが大切です。
そして、どういった転職先が理想なのか。
希望する条件を書き出してみましょう。

希望する転職先をイメージし、自分の経験やスキルの棚卸しが終わったら、実際に求人探し開始です。
看護師不足から看護師の求人はありとあらゆるところにあります。
車で走っていても、ふと見かけた病院で「看護師募集」の文字を見かけたことがあるでしょう。インターネット

看護師は、日本全国的に不足しているため、インターネットで多くの募集を探すことができます。
看護師専門の転職サイトなども出てくるでしょう。

看護師の転職先の探し方は様々です。
それぞれメリットやデメリットを考え、あなたの希望に合う転職先の探し方を見つけましょう。

転職先の探し方メリット・デメリット

病院や福祉関連のコミュニティが形成されていることがあり、コミュニティサイトなどを活用すると詳しい情報交換ができます。

サイトによっては病院名が具体的に紹介されていたり、実際の本人談を聞くことができるので、より自分にとって有効なものとなる可能性が高いです。

コミュニティサイトのデメリットは、匿名性という観点からみると、情報には信頼性が低いという点です。
なりすましも存在していますし、個人間のやりとりに発展した際に、むやみに個人情報を公開するなどとても危険です。
慎重に探っていかなければいけません。

看護師の人材紹介サイトはとてもメリットがあります。
単発から長期、紹介予定派遣など様々な雇用形態の求人が集まっており、求人紹介だけ、転職するまでのコーディネート、転職の実、などの様々なサポートがあります。

無料で会員登録ができますが、求人対応エリアも地域によって特化しているサイトが異なるため、エリアや条件に合わせて探してみましょう。

看護師転職サイトのデメリットは、サイト自体が多いことです。
一般の人材派遣を行っている会社が、看護師の人材紹介を始めるケースもあります。
どの求人サイトが良いのか検討するのに時間がかかるので、面倒だと感じる方も多いでしょう。

同期の看護師や知人の紹介

情報に信頼性があるかどうかを考えると、同期の看護師からの紹介や知人からの紹介はとても信ぴょう性があります。
ですが、その方が「良い職場だ」と言ってもあなたには合わないかもしれません。

もし、その場のノリで紹介をもらって就職しても、いざ辞めたいと思った時に、紹介してもらったという後ろめたさから辞めにくいというデメリットがあります。

そういったことを気にされない仲でしたら構いませんが、上司や先輩など、目上の方から紹介をもらうと、次に転職もしずらくなります。

一生その職場で働ける自信があるという方は良いですが、やはり自分の希望に合うところで働きたいという方はやめておきましょう。

コメントは受け付けていません。