資格を取るか、転職するか

人材不足の医療業界

他の業種から医療関係に転職を考える方、もしくは准看護師として今すぐに働こうと考える方など。
人材不足の医療業界へ参入しようと考える方は、たくさんいます。
>>28歳で医療関係に転職

そんな人手不足の医療業界では、資格がなくても働くことができる職種もありますし、国家資格を取得し、一生涯生計を立てることができるほど待遇が良い職種もあります。

看護師のお給料は、はっきり言って高い方です。
それだけ体力的にも精神的にもきつい仕事ではありますが、それに見合った対価をもらうことができます。

それなら、学校へ通い3年間かけて資格を取得した方が良いのか。
それとも今すぐに転職をすべきか。
あなたにはどちらが良いのか、考えてみましょう。

30歳目前!転職か進学か

27歳から30歳の間の方が、医療関係へ転職しようと考える割合が多いように感じます。

もし進学をしたら、看護師資格を取得するまでに最低3年。
27歳から学校に通うと、30歳になってしまいます。
子ども靴
30歳になると結婚や出産も視野に入れたい時期です。
年齢や立場から、中々決断できない年齢でしょう。

就職か進学か悩んだ時に、たいていの方は進学した方が良いと言います。
多くの方が、正看護師として働くメリットに魅力を感じているからでしょう。

看護師の資格は簡単に取得できるものではありませんが、正看護師として働いた方が、給料も待遇も良いに決まっています。
准看護士は看護師と同じ仕事をすることができますが、ほとんど給料の差は大きいと考えて下さい。

30代40代で資格を取得した人たち

准看護士の方の中には、働きながら正看護師を目指したという方もおられます。
そこで、30代40代の転職者や資格取得者もたくさんいるわけです。

40代からの進学も、決して遅くはありません。

正看護師の資格を取得して、年齢を重ねて行けば転職先にも困らないですし、准看護師と正看護師では全くやりがいも異なるので、40代で資格を取得した人たちも、「取得して良かった」と述べる方が多いのです。

コメントは受け付けていません。