認定看護師を目指すには

21の種類

認定看護師とは、特定の分野において看護技術と知識を有しており、高度な看護を提供できるスキルを持っていると日本看護協会に認定された看護師のことを言います。

認定看護師の分野はがん化学療法看護をはじめとして実にさまざまな分野があり、その種類は全部で21もあります。

資格を取得するメリットといえば、専門資格を持つことで、クオリティーの高い看護を提供できること。
職場からの待遇が良くなることなどです。

専門性の高い仕事をまかされるため、資格取得前よりやりがいを感じられるでしょう。
この、専門看護師と認定看護師は違います。試験
専門看護師は特定の分野に対して6つの役割を果たしますが認定看護師は看護分野において3つの役割の実を果たします。

認定看護師はその役割を果たすことによって、看護の質の向上へと貢献できるのです。
専門看護師も認定看護師も、どちらも重要な役割があり、それぞれ試験の難易度なども異なります。

認定看護師になるには

認定看護師の資格試験は、日本看護協会が年に1度行っています。
審査に合格して登録申請を行った人を、認定看護師として認定します。
その際には、認定証が交付されます。

認定看護師認定審査には受験資格があり、資格がなければ受けることはできません。
日本の保健師や助産師、看護師などのいずれかの資格を持っていること。
実務経験が5年、そのうち3年は特定の看護分野で経験を積んでいること。

更に、日本看護協会によって定められた条件があり、その条件クリアをしなければなりません。
それは、協会認定の教育機関で半年以上も履修を行うことです。
資格を取得すると、一般の看護師資格とはことなり、専門看護師資格のように5年ごとの更新審査を受ける必要があります。

バックアップを受けよう

認定看護師の資格は、簡単に取得できるものではありません。
働きながら取得するなど容易なことではありませんが、病院の中にはバックアップを積極的に行ってくれるところもあります。

認定看護師の資格取得に力を入れている医療機関は、講習、実習など必要な費用を負担してくれたり、バックアップをしてくれます。

働きながら資格取得が難しい場合は、休職扱いにしてくれる医療機関も増えています。
医療施設側でも、認定看護師の資格取得について積極的な支援を行っていることも多くなってきているので、キャリアアップを考えている方におすすめです。

コメントは受け付けていません。