精神看護専門看護師

精神看護専門看護師とは

精神看護専門看護師とは、精神的に安定することができない精神疾患を抱える患者さんや、その家族に対して向き合い、会話によってケアをするという役割を担っている職業です。過剰摂取

専門看護師として、看護だけではなく精神看護分野においての、相談、教育、治療に携わる看護師職でもあります。

患者さんやその家族との問題解決への論理調整。
そして、自己の専門知識の研究など様々な役割を果たしています。

精神看護専門看護師は精神医学だけではなく精神看護の専門知識などが必要です。
その知識を活かすための研究、患者さんに適したケアを提供できるよう、日々探求しなければいけません。

精神看護専門看護師になるには

精神看護専門看護師になるには、日本で看護師、保健師、助産師のいずれかの資格を持っていなければいけません。
免許取得後に実務経験を5年つみ、そのうち3年間は精神病院や精神科病棟などでの実務経験が必要です。

精神科クリニック、在宅ケア、精神看護分野での実績であれば、どういった分野でも大丈夫です。
また、精神看護分野の実務研修としては、直接的な看護実績が必要。

看護実績報告書として、直接的看護実績を2つ、看護職でのケアを提供してくれる者に対するコンサルテーションを1つとし、保健医療福祉関係者である人々の間にあるコーディネーションのたいしても1つ、看護師教育などの教育活動を1つ、報告しなければいけません。

これらの条件をクリアしたうえで、日本看護系大学協議報告書を準備し、精神看護専門看護師認定審査を受けます。
書類審査と筆記試験があり、合格すると精神看護専門看護師になることができます。

精神看護専門看護師は90%という非常に高い合格率を出しています。
キャリアアップを目指し受験される方も多いことから、年々精神看護専門看護師の数は増え続けています。

合格率は高いと言っても、試験が簡単なわけではありません。
筆記試験は200点満点中、7割以上であることなど厳しい条件となっているので、決して気を抜かないよう挑戦しましょう。

精神看護専門看護師の将来性

2014年現在では、170名以上の精神看護専門看護師が活躍しています。
現代では、精神疾患で悩む患者が急増し、メンタルケアに注目が集まっています。

医療に携わる人間は少なからず、心のケアを必要とする人がいるため、精神看護専門看護師は今後、より必要とされる存在であるといえます。

また、精神科の人材を育てることが医療現場では必然だとされています。
後任の育成、指導など。
精神看護専門看護師の活躍できる場は幅広いといえるでしょう。

主に、精神科や精神科病棟、精神科のクリニックなどが一般的に多い職場です。
ですが、近年の傾向から一般病院、福祉介護施設などでも精神看護専門看護師の求人募集がされています。

うつ病、老年期精神障害など。
幅広い年齢層の方から需要のある分野ですから、これから非常に必要とされる職業です。

コメントは受け付けていません。