急性・重症患者看護専門看護師

危機的状態の患者さんのサポート

急性・重症患者看護専門看護師とは危機的状態の患者さんに対して現場において医療的サポートを行ってく役割を担う職種です。

主に、急性、重要患者が運び込まれてくる患者やその他家族に、チームで連携して指導を行ったり、相談に対応したりします。

急性・重症患者に対して、常に知識や経験と、最短医療技術を取り入れながら次の認定更新まで努めなければいけません。

急性・重症患者看護専門看護師になるには

日本看護協会が実施している、急性・重症患者看護専門看護師審査に合格しなければ急性・重症患者看護専門看護師にはなれません。

受験資格として、看護大学院修士課程を修了していることや、看護師の資格を有していること、協議会が定めている基準での所定の単位を取得しなければいけません。

また、実務経験は通算5年、その中で3年は急性・重症患者看護分野での実務経験が必要です。
協議会が定めている基準での教育課程を実施している大学は、東京を中心として全国に21か所あります。

名古屋では、夕方や土曜日などに抗議が行われている大学もあります。
そういった、通い方ができるので働きながらでも急性・重症患者看護専門看護師を目指すことは可能です。

急性・重症患者看護専門看護師の将来性

最近では医療の高度先進化にともない、危険な状況でも助かる命がかなり増えてきています。救急車
治癒することができない、手遅れだとされていたガン末期の治療や、急患でも最良のケアで一命をとりとめるという場面が増えてきたのです。

そこで、専門的で高度な技術に加えて、効果的に実践できる。
そんな急性・重症患者看護専門看護師は重宝される存在です。

大学病院や名古屋にある赤十字が運営している病院、総合病院や救急医療を行っている医療センター、救命救急センターなど。
急性・重症患者看護専門看護師が活躍できる場はたくさんあります。

集中治療室、救命救急で活躍する方も多くなっています。
現場ではなく、大学や大学院で教員となり、後進の指導に当たっている方などもいます。

特に、高齢化が進む中、基礎体力や免疫力が全体的に低下しつつあります。
高齢者の方への緊急な対応は今後も増えますし、福祉での活躍の場も見込まれています。

そのためこの急性・重症患者看護専門看護師の需要は、今後も広がってくるといえるのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。