新生児集中ケア認定看護師

幅広い知識が必要

新生児集中ケア認定看護師とは、最新知識と技術で、リスクが高い新生児のケアや発達に関して支援することです。新生児
早産だったり先天性の疾患があると、健全に発達するのは難しいといえます。
親子関係をきちんと築くことができないケースも起こっており、サポートが求められています。

そんな、ハイリスクの新生児のケアを専門的に行い、早産や疾患に対しての理解を深め、家族にも新生児の状態にたいして理解を求めるというサポートをする看護師が、新生児集中ケア認定看護師です。

他の看護師に対して指導を行う役割もあります。

新生児集中ケア認定看護師は、新生児集中ケアという疾患について深く理解していることが前提です。
専門知識やスキルも、新税時集中ケアに関する予測、安定、サポートなどに関する知識を持っていなければいけません。

新生児に特有の疾患は、成長すると起こりにくい者が多いと言われています。
そんな新生児と接することが多い分、求められるものは非常に大きくなります。

新生児のわずかな変化も見逃さないように。
洞察力や観察力、急激な変化を予測することができる、応用力も必要です。

新生児集中ケア認定看護師になるには

新生児集中ケア認定看護師になりたい場合、看護師免許を取得し、新生児集中ケア部門が存在している医療機関で3年以上の実績を積みます。
そして、医療機関で通算5年の実務実績を積むことが最低条件です。

その後、指定の教育機関に入り、半年の研修を修了することで、認定試験の受験資格を得ることができます。
新生児の臨床薬理やハイリスク新生児の親御さんの理解、安全管理などを学びます。
認定試験に合格し、新生児集中ケア認定看護師にやっとなることができます。

新生児集中ケア認定看護師の将来性

2011年時点では新生児集中ケア認定看護師が全国で230名程度でした。
認定看護師の中では割と平均的な数です。

新生児集中ケア認定看護師の場合の合格率はほぼ100%に近く、100%の合格率を連続で出したという教育機関もあります。

新生児集中ケア認定看護師は、少子化が現在進んでいることであまり良くないイメージがあります。
緊急な事態になっている出産というものは増えているので、需要が多い分野だといえます。

また、新生児のリスクについてのプロフェッショナルです。
助産院や産婦人科では、今後も必要性が問われ、募集が増えていくことが見込まれています。

コメントは受け付けていません。