救急看護認定看護師

チームワークが大切

救急看護認定看護師とは、急病や事故、災害医療など。救急車の中
名前の通り、救急・緊急に行われる初期医療に携わるお仕事です。

そうした初期段階の医療は、その後の治療や患者の状態に大きく影響するため、とても重要な存在です。
具体的な役割は、救急医療の現場において、迅速かつ適切な治療を行い、最適なケアを勧めることです。

救命救急の現場で活躍していますが、救急救命の現場は主にチームで活動しますので、チームワークが大切なお仕事です。
一人一人の専門性が必要になり、個人での仕事ではないところからテームワークは無くてはならないものです。

看護師に対して、救急看護の指導や相談を行う役割も担っています。
救命技術の指導、普及、災害時における救命医療の実践などがあります。

救急看護認定看護師になりたい

救急看護認定看護師はオールマイティな知識が必要な職業です。
他にも救命率を向上させるために、様々なスキルが必要です。

救急看護認定看護師の道を目指すには、5年間の実務経験、そのうち3年間は救急看護分野に携わったという実績が必要です。
看護師免許を持っており、6か月通算615時間の研修を修了しなければいけません。

その実績や研修、技術とスキルを元に書類審査され、筆記試験に合格して晴れて救急看護認定看護師になることができます。
救急看護認定看護師は認定看護師資格の中でも古株です。

救急看護認定看護師の将来性

救急看護認定看護師は2013年現在で730名程度の看護師がいると言われています。
近年、増加傾向は著しく例年より低下していますが、全国に資格保有者がおり、特に救急看護認定看護師教育課程を実施している機関がある、青森県に多く在籍しています。

合格率は非常に高く、活躍できる場も多いため、非常にメリットの多い資格です。
大学病院や災害拠点の病院、地域において拠点となっている総合病院などが主な活躍場所です。

救急看護認定看護師が所属している代表的な医療機関と言えば、日本赤十字社の各病院、昭和大学附属病院、つくば大学付属病院などです。

NTT東日本関東病院など企業が母体となっている病院にも専門部署があります。
近年では、救急患者の受け入れ問題などが問題視されています。

医療はどんどん高度先進化が進んでいるのに、対応が追いついていない状態です。
救急医療へのニーズはこれからも高まっていくでしょう。

また、救急看護認定看護師認定資格を持っているだけでキャリアアップへと繋がります。
興味がある方にはぜひおすすめしたい資格です。

コメントは受け付けていません。